TOP » 再生医療とは

再生医療とは

自分の体内にある細胞には、炎症を抑える力、周辺の組織に働きかけて治す力、壊れた組織そのものになる力などいろいろな力があります。

当院の提供する関節再生医療は、ご自身に備わっている’細胞の力’を最大限に利用する治療です。

再生・細胞治療の種類

  • 滑膜組織由来 幹細胞治療

    軟骨のもとになる幹細胞の原材料には皮下組織、脂肪、骨髄などがあります。軟骨再生のために使用される幹細胞としては、関節の滑膜組織に含まれる幹細胞がもっとも質が高いとされます。当院では、この滑膜組織から採取される幹細胞を使用した細胞治療を提供します。

    幹細胞治療の詳細はこちら

  • 脂肪組織由来 幹細胞治療

    脂肪組織内には幹細胞が数多く存在します。そして、脂肪組織は体中にあります。膝関節周囲の脂肪組織内の幹細胞治療は、海外でも成績が高く、当院でも膝関節周囲の脂肪組織から採取した幹細胞を使用した細胞治療を提供します。

    幹細胞治療の詳細はこちら

  • 血小板由来 成長因子注入治療

    成長因子とは、他の組織にいろいろな働きかけをする成分の事です。
    具体的には、修復する機能が止まってしまっている組織に対して、もう一度、組織修復の活動を再開させたり、細胞を増やすように働きかけをしたり、幹細胞が、ある特定の細胞に変化させる働きかけをしたり、炎症を抑えるような働きかけなどをします。血液内の血小板に含まれる成長因子を利用した治療を提供します。

    成長因子注入治療の詳細はこちら

外科手術との違い

外科手術 再生治療
治療の痛み 強く出る。痛み止めの服用必須 軽度(個人差あり)
入院の必要性 有り 無し
年齢制限 高齢になると出来ない 無し
傷の大きさ 10cm以上(人工関節) 1cm以下
O脚 まっすぐになる 治らない
正常な組織へのダメージ 有り 無し